前へ
次へ

海苔を使った調理法で食欲アップ

ただの白いご飯より、揉み海苔をかけただけなのになぜか食が進みます。
食欲がない子どもも小さなおにぎりにしてあげるとパクパク食べることができたりします。
普段の献立にも海苔を使った調理法で工夫してみましょう。
食の細い人のお弁当には、ご飯の間に海苔をしき、さらに海苔を乗せて海苔弁もオススメです。
海苔の風味は食欲をそそりますし、お醤油にも合うので唾液も出やすくなります。
他には刺身も体にいいですが、生の魚は消化もしにくく苦手な人には食が進みにくい食材と言えます。
これも調理法に一工夫して、手巻き寿司にすると子どもにも食べやすいです。
海苔を手元に用意して酢飯と刺身を巻いて食べましょう。
マヨコーンやツナマヨを用意しておくと変化がついて食べやすくなります。
お寿司だったらチラシ寿司にして、ご飯とネタの間に揉み海苔や刻み海苔を挟みます。
こうするとお醤油をかけても海苔で止まってご飯がベシャベシャにならず、最後まで美味しく食べられます。

Page Top