前へ
次へ

和食も中華もおいしい卵の調理法

卵はいろいろな地域の料理で使われる食材なだけあって、調理法も様々です。
たとえば、新鮮で清潔な卵が手に入る日本では生で食べられます。
卵かけご飯はブームによって洗練されて、すでにメニューの一つだと言えるでしょう。
すき焼きのように具材を卵液に浸けて食べたりすることもあります。
また、中国料理でも卵はよく使われます。
炒め物に入れたり、スープに落として美しいかき玉にする調理法もあります。
よく煮立ったところへ細く注ぐことで、細かい花のように仕上がります。
他にも中国料理ではトマトやキュウリなど鮮やかな野菜と組み合わせることが多く、和食とはまた違ったバリエーションを見せています。
和食の中にも洋食というジャンルがありますが、ここでもオムライスという卵を使ったメジャーなメニューが人気です。
昔の洋食はきちんと卵を巻いたオムライスが一般的でしたが、最近では半熟のトロトロに仕上げた卵をチキンライスの上で崩して食べるタイプも人気です。

Page Top